*

地元高知でめでたい高校の同級生の結婚式に参加して感じた事!田舎ほど結婚が早いって本当なの!?

どうもです、いろはすです。

5月末という妙な時期に、高校時代の親友の結婚式に参加するために、地元高知に帰省してきました〜!


最近は、お盆や年末年始など帰省ラッシュ時期を避けて帰省していて、その親友とはかれこれ3年くらい会ってなかったで、久々の再会!!

ビックリするくらい全然変わってなくて、安心しました!(良い意味でねw)


式は、高知市街地のちょっと外れにあるチャペルで行われました〜!
かるぽーと近くの「高知クリスチャンセンター・ニューホープチャペル」というトコですね!
newhopenew


ご祝儀もちゃんと用意したよ!!
image-768x1024

スポンサーリンク

場所が分かりにくくて、
多分同じ式に参加するっぽい人達の後ろをコッソリ付けて行ってると、無事に着きました〜!

入り口に新郎新婦のポスターっぽいモノが!!オサレですな〜!image2



式場はそこまで大きくはなかったですが、小ギレイで近代的な建物という感じでした!
image1-500x375

奥さんはちょっと前に高知のジャスコでバッタリ遭遇していたのですが、
今回は雰囲気が違っていてスゴいキレイでしたね〜!


式は30分くらいで終わりましたが、

・賛美歌斉唱
・祝福の祈り
・説教

などなど、クリスチャンっぽい演目が続いて、ヤケに緊張してしまいましたw


新郎新婦退場の時には、フラワーシャワーなるモノを盛大に投げました!!!
image3-500x375


この式自体は全員で30人くらいと小規模でしたが、コレ位で全然良いですね〜!

「披露宴でたくさん呼べば問題ないでしょう!」という感じで、結婚予定もないのに1人妄想してましたww


そして披露宴会場である、牧野植物園の会場に移動です!
image4

バスで移動する予定でしたが、ちゃっかりクラスメイトの車に乗せてもらいました〜!


植物園らしく、自然を活かした作りになっていて、とても気持ち良かったですね〜!
image5


披露宴にしては珍しいバイキング形式だったので、モリモリに盛ってみたww
image6


友人代表の挨拶をしたのは新郎の仕事先の人でしたが、「新郎新婦の両親を巻き込んだドッキリ企画動画」を公開してくれて、とても面白かったですねww
image7-500x375

新郎の愛されっぷりが半端無かったですww 

そして僕も、4年くらい前に、友人代表としてスピーチを頼まれてした事があったのですが、事前準備と緊張しまくって大変だった記憶しかないので、こういうモノを作成して当日に公開するというのもアリだなと思いましたw


参加者も100人くらいいたので、写メ撮影する人だかりがスゴくて、なかなか新郎と話せないという事態にww
image8


式には高校時代のクラスメイトも招待されていて、そのウチの数人とは約10年ぶりの再会を果たしました〜!

最初は「あっ、どうも!」みたいに距離がある感じでしたが、しばらく話しているとみんな高校時代のような感じに戻っていましたww 全然変わってないですw


若干1人だけ体型が変わっていましたが、話したら中身は全く変わっていませんでしたね〜!w

しかし、こういう形で久々に再会すると、懐かしいという感情と共に、何とも言えないホッコリした気持ちになりますよね〜!


今回は同級生はクラスメイト5人と、違うクラスの人2人と少なかったのですが、「どうせならもっと多くの人らぁと集まりたいねー」という話になり、同窓会をやるという話になりました!クラス単位の同窓会は1度しかしてないんですよね…少ないww


うちの高校のクラスは40人だったので、少なくとも半数は集めたいですね〜!

で、この手の企画は誰か率先して仕切って進めていく人がいないと、企画自体がポシャってしまうのですが、肝心なその役を誰もやりたがらないという。。w
特に、地元の高知に残ってる人達がやりたがらないww 開催場所は高知なのに!!!


という、いきなり企画倒れ臭がプンプンする感じですが、
とりあえず同窓会用のLINEグループを立ち上げたので、結婚式に参加していた友人達と、後はFacebookで繋がっているクラスメイトをグループに追加して行く感じで進めている感じですね〜!
年末辺りに開催目標です!!開催出来たらイイなw


その後も2次会があって、送迎バスでかるぽーとまで戻ると、
これ又全面ガラスのオサレなカフェ!!

image9-500x375


ビンゴ大会みたいなイベントもあって、イイ感じに司会の人が盛り上げていてくれましたw
image10


そして、式に参加している人の中でもすでに結婚している人が半数くらいいて、しかも子供がいる人がほとんど。。
僕は結婚に関してはあまり焦りがないというか、実感がなかったのですが、こんな身近にたくさんいると「ちょっとイイな」と思うワケですよw 親孝行的な意味合いも含めて。。


なので、バスで披露宴に移動する時などに、
「結婚の心得」なるモノを既婚者の先輩に色々と聞いてました!

特に印象に残っているのが、結婚前の同棲時期にチェックしておくべき事。それは
『自分がダメな時に、一緒にいて居心地がイイかどうか?』という事。

自分の仕事などがイイ時は良いですが、不調だったり落ち込んでいる時に、どういう距離感や雰囲気を出してくるか?そういう時に一緒に乗り越えれるかどうかで、結婚してイイかどうかが決まるという、ありがたいアドバイスを頂きました!



更に、「自分が結婚式を挙げる前に出来るだけ沢山の式や披露宴に参加した方がイイ」というアドバイスももらいました!

実際に参加して良かったな〜という中から、自分たちの式を組み立てていくので、色んなタイプのを経験していた方がイイという事ですね〜!


なかなか、奥が深いですね〜!w

まぁ、だからと言って結婚に関して、全く焦るつもりはないので、ボチボチと好き勝手に生きていこうと思います!w


それでは〜

いろはす

スポンサーリンク

関連記事

BABDC9CDC8FEBDD1B4DB-500x375

イケダハヤト氏が言う「高知にはフリーランサーが多い」ってホンマなが!?短期仕事や派遣以外にも道はある?

どうもです、いろはすです。 先日イケダハヤト氏のトークイベントに参加してから、 地元である高

記事を読む

regr-500x220

西村博之(ひろゆき)☓家入一真の日本炎上トークライブ11.1【参戦レポート】

こんにちは、いろはすです。 昨日は、早稲田祭1日目に行われた 『西村博之☓家入一真の日本炎上

記事を読む

main-307x400

都知事立候補者:家入一真の事務所開き祭り1.27【参戦レポ】

どうもです、いろはすです。 冬真っ只中ですが、 我らが家入一真さんが、都知事選挙に立候補して

記事を読む

IMG_1650-500x375

コミケ2013夏の陣 C84!!参戦レポ記事【その1】

こんにちは、いろはすです。 「いつか行こう、いつか行きたい」と思ってた コミックマーケットこ

記事を読む

IMG_9434

漫☆画太郎の初個展『漫☆個展』参戦レポ8.17 at中野ブロードウェイ 【レポ記事】

どうもです、いろはすです。 夏コミケに参戦したその足で、そのまま 漫☆画太郎の初個展『漫☆個

記事を読む

IMG_3026

吉祥寺のジャズ喫茶メグでプロの生ライブを堪能して来たよ!初のジャズ喫茶はどうだった!?【レポート記事】

どうもです、いろはすです。 以前から楽しみにしていた、吉祥寺で有名なジャズ喫茶『メグ』に行って

記事を読む

IMG_2493

地元高知に帰省して感じた事とは!?高知で自由に生きていく事は出来るの!?保守的ってダメなの!?

どうもです、いろはすです。 今回の2014〜2015年の年末年始は、地元である高知に帰省してお

記事を読む

IMG_0045

全日本模型ホビーショー2014に突入してきたよ!タミヤ、BANDAI、京商など超人気メーカーが勢揃い!懐かし過ぎるアレも多数・・・【レポート記事】

どうもです、いろはすです。 「秋はイベント盛りだくさんのシーズンだね!そうだね!」というワケで

記事を読む

eventimage_r1_c1

オモコロ講演会at早稲田祭2014が色々とヤバそうな予感しかしない!!『暇つぶしはコタツの中から生まれない』2014年の早稲田祭のゲストはどんな感じなの!?

どうもです、いろはすです。 いよいよやって来ました! 11月入っていきなり開催される熱いイベ

記事を読む

IMG_6944-500x375

デザインフェスタvol.39 2日目 5.18(2014年) オススメのギャラリー・出店者を紹介!【参戦レポ記事】

どうもです、いろはすです。 『デザインフェスタvol.39 2日目』に参戦してきたので、 レ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 20代で起業して自由過ぎるライフスタイルを満喫中の♂
    高知生まれ高知育ち、東京なう。
    絵に書いた様な右脳派。
    ほぼ感覚だけで生きてます。

    ⇒ 詳しくはコチラから!
PAGE TOP ↑