*

ヨドバシカメラ採用担当が語る『ガンダムと新入社員との意外な関係』とは!?そして彼自身が気付いていないヤバイ事実も。

どうもです、いろはすです。

いや〜やっと暖かくなってきましたね〜!

というワケで、春っぽいパンツを2本買ってみました〜!合わせやすいカーキ色と鮮やかなアクアブルー!!
BmemOV1CEAAVpN7-500x375

伸縮性があるので、履き心地がイイのでござる!!バンバン履くぞーー!!(・∀・)



さて、そんな感じでフェイスブックを眺めていると、ふとこんな記事が目にとまりました。

「【早すぎる転職】入社10日目で辞めていく新入社員に採用担当者がごもっともなアドバイス」というタイトル。
OZPA87_katakorigayabai20130707500-thumb-1200x800-5114


まず、その記事の内容をそのまま貼り付けていこうと思います。

スポンサーリンク

新入社員が退職した。入社してわずか10日。

「この会社は自分に合わないと感じた」というのが退職理由。あまりにも漠然とした理由なので、具体的になにがどう合わないと感じたのか尋ねてみた。すると。

「販売はアルバイトの延長のような仕事。ずっと続けていく気にならないし、自分に向かない」とのことだった。

当社では、2週間の新入社員研修期間中に売場での販売実習を数日行なう。講義とロールプレイングで学んだ接客応対技術を、実際に売場で体験するのが目的だ。その実習の結果、新入社員のKさんは「自分に合わない」と思ったそうだ。

辞めてどうするのか、Kさんに聞いてみた。「公務員を目指します。」

まただ。採用や研修を担当していると、毎年必ずこういう若者と遭遇する。「安定していて、楽そうだから」という、かつての私と同じ発想。

いや、決めつけるのはよくない。公務員(地方上級とのことだった)を目指す、彼なりの確固たる理由があるのかもしれない。

「公務員になりたいのは、なぜ?」
「地域の人たちに貢献したいからです。」
「地域の人に貢献というと、具体的にはどういうことをしたいの?」
「・・・市役所の窓口で、住民の相談に乗ったりとか・・・」

「ヨドバシカメラの店でお客様の相談に乗るのはアルバイトの延長にすぎないと思うのに、市役所で住民の相談に乗るのはやりがいがあると思うんだね。それはどうして?」
「・・・いや、その・・・民間とは違う、というか・・・」

ああ、やっぱり。「安定」「楽そう」公務員志望シンドロームだ。その発想が悪いとは言わない。しかし、それだけでは信念を持って公務員を目指している人たちとの選考で勝ち残るのは難しい。また、仮に公務員になれたとしても、決して幸せにはなれない。

残念ながら、Kさんに当社での仕事を続ける気はないようだったので、慰留は諦めた。しかし、わずか10日とはいえ同じ会社で勤めた仲間である。不幸にはなってほしくない。Kさんには迷惑だったかもしれないが、私なりの「働いて幸せ」という状態を実現するための考え方を伝えることにした。

「Kさん。君はゲームが好きだったね。」
「え?あ、まぁ、好きですね。」
「対戦ゲームは好きかい?ガンダムエクストリームバーサスとかさ。」

「好きですよ。けっこうやってます。」
「そうか。アレはおもしろいよな。僕も好きでね。いい年してゲーマーなんて恥ずかしいけど。」

なんの話なのかといぶかしげなKさんだったが、私はかまわずゲームの話を続けた。対戦ゲームのおもしろさについてお互いにしばらく語り合ったあと、本題に入った。

「ところでKさん、ガンダムEXVSを初めてプレイする人が、対戦プレイで君に勝てるかな?」
「いやぁ、それはムリでしょう。僕、けっこう強いですよ。」
「そうか。じゃあ、初心者だとあっという間に君に負かされてしまうだろうね。」
「そうでしょうね。」

「じゃあ、質問。手も足も出せずにキミに負けた初心者くんが『ガンダムエクストリームバーサスなんてつまらない!クソゲーだ!』と言ったとしたら、Kさんはどう思う?」
「それはおかしいでしょ。ゲームがつまらないんじゃなくて、自分がヘタなだけじゃないですか。」
「そうだよな。楽しさを理解するには練習と経験が必要だよな。ちょっとやってみただけで『つまらない』とか『自分には向いていない』っていうのは、早すぎるよな。」

Kさんの表情が変わってきた。伝わっただろうか?楽しく、幸せになるには努力や我慢も必要なのだということが。実感できただろうか?物事の本質を理解するには、長い時間が必要なのだということが。

気のせいかもしれないが、Kさんの雰囲気が変わった気がした。オドオドしたところが消え、目から意志が感じられるようになった。

「Kさん。社会人の時間は長い。22歳で入社して、定年は60歳。約40年もの年月だ。つまり社会人にとって入社後の10年は、大学で言えば1年生に相当する。たとえば大学の野球部に入部したとして、1年生のうちは球拾いやグラウンド整備、筋トレなど地味なことばかりだろう。楽しいどころか、むしろツラいだろうね。でも、彼らは野球部を辞めない。なぜだろう?」
「・・・野球が好きだから、ですか?」

「そうだろうね。野球が好きで、うまくなりたい!という情熱がある部員は、そのつらさの向こうに自分の成長があることをイメージする。だから乗り越えられる。逆に、なんとなく野球部に入った人はとても耐えられない。『野球つまんね。サッカー部に行こ。』と思ってしまう。」

「・・・」

「そうやってサッカー部に移った一年生を待っているのは、やっぱり筋トレや100メートルダッシュなどの地味な練習だ。サッカーに対する情熱がない人は『サッカーもつまんね』と思って転部する。その後は似たり寄ったりだ。テニス部では素振りに嫌気がさし、バスケ部ではハードさに耐えかね、吹奏楽部では音を出すのに一苦労、マンガ研究会に入ってもいきなり絵が描けるようになるわけじゃないし、演劇部では発声練習ばかり・・・すべて同じだ。最初からいきなり上手にできたり、楽しいなんてことは滅多にない。本当の楽しさにたどり着くには、努力と情熱が必要だ。短期間で転職を繰り返す人は、これと同じ。楽しさにたどり着く前に職を変えてしまうから、幸せになれない。」

「・・・僕が、そうなると?」

「それはわからない。ただ、公務員を目指す理由がさっきの答えのレベルだとすると、幸せにたどり着く可能性は低いぞ。大切な人生だ。自分がどんな職につくべきかを、もっと真剣に考えたほうがいいと思うよ。」

「・・・わかりました。ありがとうございます。」

Kさんが、どんな気持ちで私の話を聞いたのかはわからない。「こいつウゼぇ。」と思っていたかもしれない。しかし、相談を終え退職届を提出して去っていく時の彼は、それまでと違って後ろ向きな逃避ではない、前を向いて一歩踏み出そうとする者の顔をしていた。



こんな感じです。ヨドバシカメラ採用担当者の人が、10日で辞めたいと言ってきた新卒君に対してのやり取りを細かく書いている内容ですね。

何でも就活サイトにアップしたブログ記事が大反響を呼んでるらしいですw フェイスブックだけでも900近くシェアされてますよね〜!

僕もサーッと最後まで読んでみましたが、この記事を読んで感じた事はコチラ!


====================================

①別に仕事を変える事には反対しないけど、ちょっと10日は早すぎるww
②「雇われる」という視点しかない人の話しを、全て鵜呑みにするのはリスクがある
③退職理由の聞き出し方が上手い。
④今だに公務員がイイと思ってる、若者がいるんだなーという事。
⑤仕事を辞める理由がヤバ過ぎる。。

====================================


順番に見て行きましょう〜

①別に仕事を変える事には反対じゃないけど、ちょっと10日は早すぎるww
————————————————————————————————————-

コレは早いですw 今までに僕もバイト・パート・正社員など全て合わせたら、20個くらいの様々な職種を経験してきました。ちなみに今回出てきてるヨドバシカメラ内でも、派遣スタッフとして1年くらい働いてた事がありますw まぁ分かりやすい体育会系ですw

で、最終的には起業して自分でやってるワケですが、さすがに10日だけしか働いてないとなると、そこから得れるモノや学びも少ないんじゃないかなと思います。

「どーーーーーーしても、無理!!!絶対無理!!!マジで無理wwwコレ以上働くなら死んだほうがマシ!!いやもう死ぬ!!」
っていうレベルだったら、しょうがないと思いますが、今回の彼とか全くそんな感じじゃないですよね。。

「自分に合わない」っていうのが辞める理由らしいですが、心の底から出てきた本当の理由じゃないんじゃないですかね〜

②「雇われる」という視点しかない人の話しを鵜呑みにするのはリスクがある
————————————————————————————————————-

今回の内容は、ヨドバシカメラの採用担当者が就職活動サイトに掲載したブログの内容になります。なので、彼自身もヨドバシカメラという会社に雇用されているという事。当たり前ですよねw なので雇われる側の考えや視点しか持っていないという事。

「そんな人が語る人生や幸せのあり方って、どうなの?」と感じてしまいます。まぁヨドバシカメラの採用担当者にそれをもとめるのは酷ですがw


特に怖いと感じたのがココの部分、

「Kさん。社会人の時間は長い。22歳で入社して、定年は60歳。約40年もの年月だ。つまり社会人にとって入社後の10年は、大学で言えば1年生に相当する。」


エッ!?社会人にとって最初の10年は大学一年生って事??
僕はそう思いました、だって10年ですよ。貴重で多感な20代の時間を、大学一年生と同じように過ごすのが普通って。。

彼の考えからすると、「最初の10年間は黙って耐えろ。部活でいう筋トレやダッシュなど地味な練習に徹しろ。」
という風に感じます。更にそこに情熱という話しを持って行っているからややこしい。。

何に対して情熱を持てるかなんて、そんなのぶっちゃけやってみないと分からないですからね〜!


「最初からいきなり上手にできたり、楽しいなんてことは滅多にない。本当の楽しさにたどり着くには、努力と情熱が必要だ。」

採用担当の彼はこうも言っていますが、それは分かりますが、だからと言って10年間は長過ぎですw 気付いたら30代じゃないですかね。。
その年になってもまぁ取り返しは可能ですが、家族が出来てたりしたら保守的になりがちですし精神的にもキツいですよ。。「じゃあ、我慢して定年までずっと同じ会社にいろ」って事になりますよね。。

人生の大部分を、好きじゃない会社にいる事を強いられる。コレこそまさに「最大の恐怖」じゃないかと思います。何のために生きてるんでしょう?

まぁ10年間というのはモノの例えで言ったのかもしれませんが、半分の5年だとしても長いですw 僕からしたら長過ぎます。。


起業して自分で稼いでいく事に当てはめたら、まぁジャンルにもよりますが、生活できるくらいの稼ぎを得られるのにかかる期間は、ネット系であれば半年〜1年もかかりません。
a1640_000080

早い人だと3ヶ月で収入ベースで100万とか達成しちゃいます。まぁ作業量が結構な鬼レベルですがw もちろんちゃんとやればの話しですww


③退職理由を聞き出すのが、とても上手。
————————————————————————————————————-

感情的にならずに、相手の言い分をちゃんと聞いた上で、冷静に理詰めで質問できています。
この方の採用担当者歴が分からないですが、それなりの人数を相手にしてきた経験からでしょう。ココは素直に見習いたいですね〜!

後は、その人が興味のある内容(今回の場合だとガンダムのゲーム)から、最終的に自分が伝えたいメッセージを伝えれている点もイイですよね。

相手も好きなことを聞かれたので、ドンドンと興味を持って話しに乗ってきます。まぁ途中から気付いてテンション下がってますがw


このやり方は、子育てなどにも使えますよね。
例えば、電車とかで言うことを聞かない子を怒ってる親とか見てると、ただ頭ごなしに怒ったりしています。
その反面上手な親御さんは子供が興味を持つような話題や話しをふって、自然とそちらに意識を向けるように出来ています。その差は歴然ですよねw


④未だに公務員がイイと思ってる、若者がいるんだなーという事。
————————————————————————————————————

田舎に行けばいくほど、公務員最強説はあったりしますが、まだあるんですね。。地方公務員・国家公務員問わず、年功序列制なので、若い内は給料メチャ安いですよw

まぁ安定という魅力があるのかもしれないですが、仕事って安定というだけでずっと続けれるモノじゃないと思います。例えどんなに安定していてもつまらない事を何十年も続けれるほど人って強くないです。。

だから途中でリタイヤしちゃう人多いんですよね、僕の友人でもいます。うつ病になって辞めた人も少なくありません。

もちろん部署によるんでしょうけど、かなり特殊なトコみたいですね〜「公務員ってやりがいあるし、楽しい!」って言ってる人は、1人も見たことがありませんw

まぁ最終的には本人がよければ良いんでしょうけど、個人的には、もっと他にも自分がワクワクするような仕事や、熱中出来る仕事がある可能性が圧倒的に高いと思います。
安定と引き換えに失うチャンスが大きいという事も知っておいてください。そこにやりがいがあるのであれば、とても素晴らしい事なので、是非頑張って欲しいですけどね!


⑤仕事を辞める理由がヤバ過ぎる。。
————————————————————————————————————

まぁ、よく考えたらこんな新卒社員なんてこんなモンですよねw

ハッキリ言って、新卒で入ってくる社員なんて遊んでるわりに頭デッカチな人ばかりので(僕もそうでしたw)、何も期待出来ないと思います。企業もちゃんとした研修制度を持っているという事は、そもそも戦力にならない前提という事ですモンね。

でも、そういった社員を、会社のお金と人材を投入して教育しようとする日本企業の考え方自体も、そろそろキツいんじゃないかと思いますが。。企業もそんな体力ないでしょw


後、企業側から見た時、この採用担当者としての彼の立場からすると、1年たって「やっぱ辞めます」って言われるより、10日で辞めてくれた方が、まだ費用対に見てイイんじゃないという気すらします(笑)
だってその分、彼に当てていた時間などを、他の有望な人材育成のために使えるのですからw

何か一言書くつもりが、毎度のごとく長くなってしまいましたw


今の時代は、移り変わりが激しいので、それに伴って僕らの価値観やライフスタイルが変わるのは当たり前なんです。それに対応出来ない人が、必死に依存しているトコにしがみついてワーワー言ってるだけなんですよねw

まぁこれから就活とか転職活動する人は、参考にしてほしいな〜と思います!


それでは〜

いろはす


PS:コチラも意識出来ると素敵だと思います~!
あなたの時給はおいくら万円?

今回の記事が少しでも「まぁまぁオモロイやん!」と思ったら、
コチラからシェアしてもらえると僕の3分の1の純情な感情が高鳴りますww

スポンサーリンク

関連記事

C00258-001B

マグニチュード10の震度ってどの位ヤバいの?予想被害が怖すぎる

どうもです、いろはす(@irohasu_free)です。 つい先月末にも関東で、マグニチュード

記事を読む

c769adf80886dd781f0e8cd772090a6a

高知市発の『ランパス』というサービスが熱い!!ランチパスポートって!?何で爆発的に人気を集めているの!?ほっとこうちが発祥なの!?

どうもです、いろはすです。 たまにフラフラと書店に行くのですが、そこで「あの本、いつも売り切れ

記事を読む

IMG_20150714_123803

TOHOシネマズの日本橋の口コミは?プレミアボックスシートがヤバかった件。

どうもです、いろはす(@irohasu_free)です。 僕はどちらかと言うと、映画館より自宅

記事を読む

img_2-224x400

それってホントに自分が描いた成功像なの!?

どうもです、いろはすです。 最近は、高知に移住して色々と盛り上げてくれているイケダハヤト氏や、

記事を読む

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500-thumb-1050x700-5033

夢泥棒という名の怖い人\(^o^)/ 自分自身が泥棒ってどういう事!?

こんにちは、いろはすです。 ちょっと前から、詰め替え用のプリンターインクって「何かプラモデル作

記事を読む

BJK_kyouheikangaeru500-thumb-750x500-1262

人ってホントに言い訳の天才ww で、それで変われるの??

どうもです、いろはすです。 最近、色んな人に会う機会があるのですが、 1年くらい前に知り合っ

記事を読む

20140706_010-fe11c

とにかく楽したい、人生楽したいという人はどうすればイイのか真剣に考えてみた!「楽したい」って本当にダメな事なの!?フロー状態は無敵!?

どうもです、いろはすです。 最近、定期的に水泳に通っているのですが、前回ついに目標にしていた1

記事を読む

PAK93_taikusuwariatama20140322600-thumb-900x600-4367

「増税されても相続税とか自分に関係ないや」って人はヤバい!!僕らにどんな影響があるの!?知らないと損をするってマジ!?

どうもです、いろはすです。 いやはや今年2015年の1月1日から、相続税が大きく増税されました

記事を読む

IMG_2493

地元高知に帰省して感じた事とは!?高知で自由に生きていく事は出来るの!?保守的ってダメなの!?

どうもです、いろはすです。 今回の2014〜2015年の年末年始は、地元である高知に帰省してお

記事を読む

vc

システム化と馬車馬ワーカー

こんにちは、いろはすです。 今日は、大きい案件がちょっと進んだので ココらで気合いを入れるた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 20代で起業して自由過ぎるライフスタイルを満喫中の♂
    高知生まれ高知育ち、東京なう。
    絵に書いた様な右脳派。
    ほぼ感覚だけで生きてます。

    ⇒ 詳しくはコチラから!
  • follow us in feedly

    ⇒ 「feedlyって何やねん!」という方はコチラを!
  • 2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑